ウッチャリきさこ 東奔西走*

 →信on日記ときさこ雑記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光

読書の秋。食欲の秋。スポーツの秋。

まぁ最初の2つは万年なんですけどね。

なんだかんだとだらだらして、寝たのが明け方5時くらいだったんですが、昼過ぎに目覚めてしまったのでたまには2度寝しないで起きましょう、てんで珍しく昼に起床。
ちょろっとお出かけして、これからのドライブシーズンに向けて車ぴかぴかに洗って満足して帰ってきて読書開始。

先日図書館から連絡のきた本です。

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊 (2006/01)
宝島社
この商品の詳細を見る


『このミステリーがすごい!大賞』の第4回大賞作品。
巷で大絶賛だったので読んでみようかなーと予約したんですが。

噂に違わずおもしろかった。
明日は月曜だってのに3時まで一気読みしちゃいました。

バチスタ手術中に連続する術死。偶然なのか医療過誤なのか殺人なのか。
病院長に依頼され、調査を始める主人公の「俺」こと不定愁訴外来の田口センセと厚生省の変人白鳥さん。
あっと驚くトリックやら大どんでん返しみたいな派手なミステリではないですが、飽きさせないストーリー展開と随所に散りばめられたユーモラスな会話、そして個性的なキャラクターたちはさすが文句なしで大賞受賞作品だなぁと感心するばかり。
読んでいてしんどくなる作品ではないし、どちらかというと映像があたまに浮かぶような物語です。
万人にオススメできる本です。

これの前に読んだのが有栖川有栖の本格ものだったんで、毛色の違うミステリてことでかなり楽しめました。

さて、次は第135回直木賞受賞作品、三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」です。姉上が図書館で借りてきたんでちゃっちゃと読みたいと思います。
伊坂幸太郎の「砂漠」を押しのけて受賞した作品。どんなもんでしょーか。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダ

全タイトルを表示

«05 | 2017/06 | 07»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お気に入りリスト

新着記事順表示

24時間以内に更新のあったブログに»マークが付いてます。

リンク


このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

カウンタ

右サイドメニュー

最近の記事+コメント

プロフィール

きさこ。

Author:きさこ。


風雲録織田家所属。
いつもぐんなり。
上のはニセモノ。

characters

[稼動中]

† 媛原きさこ(仙論)Lv.61
† 九条きさこ(雅楽)Lv.61
† 斎伽りりこ(武芸)Lv.62

† 樗木ちさこ(武士)Lv.62
† 興梠茅南(鉄砲)Lv.60

† 楠久利巳(仏門)Lv.60
† 夕雲ひまわり(鎧)Lv.62
† 神原かえら(修験)Lv.56

† 一路由梨(密教)Lv.60
† 九恵那岐(暗殺)Lv.61

べるるんリーダー

ににこ。

ぼかろプレイヤー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。