ウッチャリきさこ 東奔西走*

 →信on日記ときさこ雑記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇仙峡。


天気は西から崩れてきました。
昨日の時点で予報は曇りのち雨。
朝起きると雨の時間が早まって朝から雨。

それでも行ってきました昇仙峡。
のぶじゃないですよ。山梨県甲府市の、日本一の渓谷美と言われる昇仙峡です。
7時過ぎに家を出発して中原街道沿いで友人をひろって環七をぶぶーんと走って高井戸から高速に乗る予定が何故か通り過ぎたので(甲州街道渋滞はまって)調布から乗ったのが10時過ぎくらい。
すごい雨でしたからね。中央道すいてました。
行きは休憩取らずに昭和甲府ICまでひた走って、昇仙峡入口の天神森バス停周辺の市営駐車場(無料)到着が12時過ぎ。
天気悪かったからなぁ。普段の紅葉シーズンはすごい混雑だそうですが、今日はさすがにここもすいてて無料駐車場にとめられました。

で、小雨ぱらつく中散策スタート。

【昇仙峡観光マップ。下の赤●から上の赤●を往復しました】
昇仙峡マップ


天気悪かったけど、激しく降る雨でもなく寒くもなかったので快適でしたよ。
道の脇には雨でやや水かさの増した清流が音を立てて流れてて、緑が両側にわんさかせまってて、空気がきれいで、本気で清々しい渓谷です。
川の途中におもしろい形の岩がごろごろ転がったりしてて、名前がついてるものには看板が立っています。

【松茸岩】
松茸岩

【寒山拾得岩】
寒山拾得岩


途中、雨があがり、青空は出ませんでしたが薄日が差してきました。
紅葉はまだ5分くらいかなぁ。
ところどころ色づいて、渓谷を彩ってました。

【山の紅葉】
紅葉


名前のついた岩をひとつひとつ楽しみながらだらだらと2時間弱かけて歩いて、たどり着きました。
昇仙峡の主峰、覚円峰。

【覚円峰】
覚円峰


薄曇りでしたがものすごい迫力。
とにかくでか!
見上げると首が痛くなります。写真とるのも一苦労です。

あまりの迫力に、集合写真撮ろうと後ろ向きに下がってって下がりすぎて後ろ向きに柵から2メートルくらい下にものすごい勢いで落下してきたおにーさんとか目撃しちゃいました(怖い)。
幸いなことに下は土と落ち葉でふわふわだったので怪我はなかったようですが・・・あれはビックリした。
川までおりると、デジタル一眼レフの高そうなカメラを構えて覚円峰を撮っている外人のおにーさんに遭遇。
この角度から撮るといいよ、みたいなことを教えてくれました。
ついでに自分の撮った写真をカメラの液晶で見せてくれたんですが、何故かそこには友人の姿が。

「アハハ。カワイイネー」

なんて照れ笑いを浮かべる若者。
・・・あんたがカワイイネ。

せっかくなのでそのにーさんたちのカメラで一緒に写真撮りました。


さて。
さらに上を目指します。
ここから仙娥滝まで遊歩道になっていて、さらに迫力のある渓谷美が楽しめます。

【覚円峰を横(?)から】
覚円峰 よこから


そしてこれが名物「石門」
ふたつの岩が重なって門になっている・・・ように見えますが・・・

石門


なんと境目、くっついてません。
こわ!

【石門境目】
石門 境目


30分くらい歩くと仙娥滝に到着です。
先週の袋田の滝と比べちゃうと小さな滝ですが、勢いがあって優美な姿がまた素敵な滝でした。

【仙娥滝】
仙娥滝


仙娥滝を抜けて階段をあがると、お土産やさん広場に出ました。
昇仙峡は水晶の産地らしく、水晶を売るお店が多かったです。
広場の一角にはこんなキレイなお庭も。

【水晶の庭】
水晶の庭


さて。途中ほとんど休憩もとらずに歩いてきたふたり。
まぁここまで来たらあんまり見晴らしはよくないだろうけど、と昇仙峡ロープウェイに乗りました。
料金は往復1000円。でもお土産やさん広場で目ざとく割引券を見つけたので900円。
通常は20分間隔(00分、20分、40分)で運行されてるそうです。

14:40発のロープウェイに乗って、5分でパノラマ台駅に到着しました。
晴れてたら荒川ダムとか荒川とかがきれいに見えるそうですが、やっぱり今日は真っ白でなーんにも見えませんでした。
あ、でも山頂が近づくにつれて、やっぱり紅葉がすすんでてきれいでしたよ。

パノラマ台駅に到着すると、見晴らしのよいきれいな景色が!!!

・・・ないない。
まっしろです。

晴れていたら富士山、甲府盆地、南アルプスの山並みがとても美しいそうです。
うーん。これは見たかったなぁ。

【かすかな雲の切れ間の富士山】
・・・富士山


パノラマ台まで10分。
弥三郎岳まで15分。

こんな看板が立ってます。
で、またまた勢いにのって進みました。

弥三郎岳。
遠くから見ると山ていうより、でかい岩。

最初は土のふわふわのなだらかな道で心地よかったんですが、突然

「さて、ここからがいよいよスリル満点の登山道です!」

とかいう看板が・・・。

なにがスリル満点なんだ??
と思いつつ狭いはしごのような階段を登ると、そこに先客カップルが。

「傘は置いていったほうがいいですよー。・・・ほんとヤバイですから」

と、ありがたおそろしいアドバイスをいただいたので、傘をその辺に放置して岩のぼり開始。

・・・
・・・・・・
ここの写真撮らなかったのが悔やまれますが、写真なんて撮る余裕、正直なかったです。
さしてでかくもない丸い岩に、申し訳程度の段が穿ってあってそこをのぼるんです。鎖を手で手繰りながら。
10段もないけどね。
正直高所恐怖症じゃないあたしも怖かったよ。

頂上せま!
平たくないし!
柵ないし!
下雲海で真っ白だし!

あまりに恐ろしくて腰ひけましたね。
でもこれまた晴れてたら絶景なんだろうなぁ・・・。ムネン。

それでも5分くらいそこにいたら、もやが頂上にも迫ってきて、本気で視界まで真っ白になってきたので恐ろしくなって早々に下山しました。

【パノラマ台周辺からの景色】
パノラマ台からの景色


15:40発のロープウェイで戻って、さてどうするか。
歩いて下まで戻るか、タクシーひろって楽しちゃうか。

普段だったら絶対楽を選ぶはずなんですが、今日のふたりは異常に勢いがあったので歩いて戻ることにしました。
さすがに16時前だったので冷え込んできた上に薄暗かったのでひたすら歩いて歩いて歩いて17時くらいに駐車場へと戻ってまいりました。

やー。よく歩いたなー。
ほとんど休憩取らずだったので腹ペコでした。
帰りに談合坂SAで甲斐名物のほうとうを食べて幸せ満喫。

しかし先週に引き続きアクティブな週末でしたよ。
つーかれたー。
疲れたの30倍くらい楽しかったけどね。

Comment

 

カワイの、休憩するつもりだった?
  • posted by BlogPetのににぎ 
  • URL 
  • 2006.12/01 11:27分 
  • [Edit]

 

きさこは、産地などを怪我しなかった。


  • posted by BlogPetのににぎ 
  • URL 
  • 2006.12/15 10:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダ

全タイトルを表示

«04 | 2017/05 | 06»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お気に入りリスト

新着記事順表示

24時間以内に更新のあったブログに»マークが付いてます。

リンク


このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

カウンタ

右サイドメニュー

最近の記事+コメント

プロフィール

きさこ。

Author:きさこ。


風雲録織田家所属。
いつもぐんなり。
上のはニセモノ。

characters

[稼動中]

† 媛原きさこ(仙論)Lv.61
† 九条きさこ(雅楽)Lv.61
† 斎伽りりこ(武芸)Lv.62

† 樗木ちさこ(武士)Lv.62
† 興梠茅南(鉄砲)Lv.60

† 楠久利巳(仏門)Lv.60
† 夕雲ひまわり(鎧)Lv.62
† 神原かえら(修験)Lv.56

† 一路由梨(密教)Lv.60
† 九恵那岐(暗殺)Lv.61

べるるんリーダー

ににこ。

ぼかろプレイヤー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。