ウッチャリきさこ 東奔西走*

 →信on日記ときさこ雑記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンダクター。




コンダクターコンダクター
(2008/09/26)
神永 学

商品詳細を見る



『コンダクター』 (神永学 角川書店)
読了しました。


あ、もちろんそのまえに『イノセント・ゲリラの祝祭』(海堂尊)も読み終わってますよ。


姉上の図書館予約本。
を、まわしてもらって読んだ次第。
読んだきっかけは、姉の本棚にあった心霊探偵八雲シリーズの表紙読みから。



心霊探偵八雲シリーズがやたら人気の著者ですが、これは八雲シリーズではありません。
なんでも構想は八雲を書く頃からあったとか(コンダクター特設ページより)。

読後感想としては、うーん、まぁおもしろかったけど・・・。というのが正直なところですね。


この物語のキーポイントはやはり「謎の人物」なんだろうなぁ。

作者からの挑戦!この叙述トリックをあなたは見破れるか・・・!?人間の心に潜む闇に囚われて堕ちてゆく、過去の事件の関係者を裁く謎の人物とは!

的な?
勝手に帯文みたいなの作りましたが。

一方は読み進めていけばだいたいの見当がつくんですが、もう一方は・・・・ええ!?お、おまえだったのかよ!(納得できない驚嘆)みたいな感じでした。
ただ、クラシック、オケ&ミュージカル好きの私としては、いい素材ではございましたね。

どうでもいい話なんですけど、PCにつないでるスピーカが不調で買い替えないとだめかなぁと思ってたのをちょちょちょいといじったらまたいい音を出してくれるようになったので、ひたすらべとべんの5番(第4楽章がたまりません)と序曲集というイカスCDを延々BGMとして流しながら読んでおりました。
でもやっぱりこの本はべとべんというよりチャイコやバッハかなぁというイメージです。改めて聞くとG線上のアリアはいいねぇ。


閑話休題。

最近は少し人気だとすぐに映像化される傾向があるので、こういった映像が不向きな文章勝負の本は個人的にはウェルカムです。
ううーん、と首を捻るところがないわけではないですが、総合的には「なかなかおもしろかったよ」かな。
最後まで読めば事件はすべて解決するはずなんですが、まだちょっと理解できてないところがあるので来週の病院待ち時間で再読しようかなぁと思います。
次に控えてる本がないんだよね・・・ああなに読もうかなぁ。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダ

全タイトルを表示

«05 | 2017/06 | 07»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お気に入りリスト

新着記事順表示

24時間以内に更新のあったブログに»マークが付いてます。

リンク


このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

カウンタ

右サイドメニュー

最近の記事+コメント

プロフィール

きさこ。

Author:きさこ。


風雲録織田家所属。
いつもぐんなり。
上のはニセモノ。

characters

[稼動中]

† 媛原きさこ(仙論)Lv.61
† 九条きさこ(雅楽)Lv.61
† 斎伽りりこ(武芸)Lv.62

† 樗木ちさこ(武士)Lv.62
† 興梠茅南(鉄砲)Lv.60

† 楠久利巳(仏門)Lv.60
† 夕雲ひまわり(鎧)Lv.62
† 神原かえら(修験)Lv.56

† 一路由梨(密教)Lv.60
† 九恵那岐(暗殺)Lv.61

べるるんリーダー

ににこ。

ぼかろプレイヤー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。